入れ歯・インプラント

症例紹介

TOP > 症例紹介(一覧) > 入れ歯を安定させたい(70代 女性 下関在住)

入れ歯を安定させたい(70代 女性 下関在住)

主訴:入れ歯が咬みにくいので安定させたい。

治療期間:約8カ月

治療内容:保険の入れ歯を使っていましたが、左上にだけ歯が残っている状態のため右側がグラグラして咬みにくいとのことでした。そのため右上に2本、左上に1本インプラントを埋入し、外れにくく安定した入れ歯を作りました。入れ歯は軽くて強度があり、アレルギーの心配が少ないチタン併用の入れ歯をご希望されました。入れ歯とインプラントにはスナップボタンのような加工がそれぞれに施されており、カチッと入れ歯がインプラントにくっつくため簡単に外れることはありません。

治療費用:121万+税

リスク:インプラント治療は骨にネジのようなものを埋め込むため、しっかりした骨の密度と厚さが必要になります。また、事前にCTなどで精密に検査し、埋入位置などをPC上でシミュレーションしてから治療を行わないと、動脈や神経を傷つけ重大な事故につながることがあります。治療後はインプラントも歯と同じように定期的な検診や毎日のケアを行わないと、歯周病のようにインプラントを支える骨が下がって動揺してくることがあります。

 

入れ歯を外した状態

img1

入れ歯を付けた状態

img2